【美意識ある生活】その国はどこにあり、どれだけ離れているか 「リプルーグル地球儀」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【美意識ある生活】その国はどこにあり、どれだけ離れているか 「リプルーグル地球儀」

このエントリーをはてなブックマークに追加
地理的な位置関係がわかるとスポーツもニュースも面白くなるリプルーグルは歴代アメリカ大統領や大使館、大学、図書館など世界中で愛用される、アメリカの地球儀メーカー。クインシーは日本の住宅にもなじむ手頃なサイズでありながら、縮尺や記載地名などの地理情報は正確かつ的確。球径230mm、高さ325mm

地理的な位置関係がわかるとスポーツもニュースも面白くなる
リプルーグルは歴代アメリカ大統領や大使館、大学、図書館など世界中で愛用される、アメリカの地球儀メーカー。クインシーは日本の住宅にもなじむ手頃なサイズでありながら、縮尺や記載地名などの地理情報は正確かつ的確。球径230mm、高さ325mm

インテリアになじむ色調

インテリアになじむ色調

地形を歪みなく正しく表す

地形を歪みなく正しく表す

 週刊朝日で好評連載中の「美意識ある生活」。生活品評論家の東海左由留(とうかい・さゆる)さんが厳選したひと品を紹介している。東海さんは日本とヨーロッパで「生活をより豊かに」をテーマに様々なアイテムやサービス、ライフスタイルを取材。自腹で購入し、時間をかけて使用感を検証している。

 今回は、リプルーグル地球儀を紹介する。

【美意識ある生活 他の逸品はこちら】

*  *  *
■その国はどこにあり、どれだけ離れているか

 FIFAワールドカップブラジル大会が6月12日から始まる。大きな国際大会のシーズン、身近にあると面白さと楽しみが増えるのが地球儀だ。試合やニュースを見ながら、出場国や選手の所属チームがどこにあるかを地球儀で探す。

 たとえば、1次リーグで日本と対戦するコロンビア。普段よく目にするメルカトル図法の地図だと日本の面積と変わらないようでも、実は約3倍の大きさ。開催国のブラジルは地図上では英国と同じくらいの距離に感じるが、地球儀で実際になぞってみると約2倍とわかる。

 人間の脳というのは不思議なもので、触れる情報量の多さや先入観で誤変換していることがよくある。それを修正してくれるのが地球儀なのだ。

 地球儀の中でも正確さに定評があるのが、このリプルーグル。国名や地名の変更があったとき、地球儀の「球」を最新のものに交換できるサービス(有料)も用意している。


<今日の逸品>
リプルーグル地球儀 クインシー(和文)
1万3000円(税別)
問い合わせ先:銀座・伊東屋

■本商品は朝日新聞社の通信販売「朝日新聞SHOP」(http://shop.asahi.com)でもご注文いただけます。
フリーダイヤル 0120-013-193(年末年始をのぞく毎日9:00~19:00)
※リプルーグル地球儀 クインシーを注文する

週刊朝日 2014年6月13日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい