原発偏重 安倍政権下で進む自然エネルギー“つぶし”

原発

2014/07/31 07:00

 原発再稼働へ向けて、なりふり構わず突き進む安倍政権。経済産業省、電力会社と一体となった「原子力ムラ」連合にとって、太陽光などの再生可能エネルギーは“邪魔者”に過ぎないようだ。ジャーナリストの桐島瞬の取材で、固定価格買い取り制度(FIT)の見直し論の裏に、「自然エネルギーつぶし」の思惑が浮かび上がってきた──。

あわせて読みたい

  • FIT終了で岐路に立つ太陽光発電 台風停電で見えたメリットとリスク

    FIT終了で岐路に立つ太陽光発電 台風停電で見えたメリットとリスク

    週刊朝日

    10/11

    辛坊治郎氏 「高すぎる電力買い取り価格は『原発回帰』への罠」

    辛坊治郎氏 「高すぎる電力買い取り価格は『原発回帰』への罠」

    週刊朝日

    6/2

  • 自然エネルギーつぶし第二幕 電力自由化と投資させ買い取らない安倍戦略の非情

    自然エネルギーつぶし第二幕 電力自由化と投資させ買い取らない安倍戦略の非情

    週刊朝日

    10/23

    送電線容量はガラガラなのに自然エネルギー締め出しが続く理由

    送電線容量はガラガラなのに自然エネルギー締め出しが続く理由

    週刊朝日

    2/8

  • 太陽光発電、年間2.4兆円の国民負担も…コスパが悪すぎる実態

    太陽光発電、年間2.4兆円の国民負担も…コスパが悪すぎる実態

    週刊朝日

    3/23

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す