「スキンシップされるのが好き」 介護する人が語る「介護しやすい人」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「スキンシップされるのが好き」 介護する人が語る「介護しやすい人」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 総務省の発表によると、国内の65歳以上の割合が4分の1を超えた(昨年10月現在)。2025年には、団塊の世代が75歳以上になる。介護するだけではない。いつかは介護される側になることも考えられる。どうせなら介護しやすい人になって、上手に介護されませんか? 

「70代ぐらいからでしょうか。誰かのお世話になることが、すごく苦手になっているような気がします」

 そう語るのは、僧侶の釈徹宗さん(52)だ。釈さんは大阪府池田市にある如来寺の住職で、古民家を改修したグループホーム「むつみ庵」の代表も務めている。

「今の人たちは、社会が便利になった分、人に迷惑をかけないことを美徳として生活してきました。けれども私たちもやがて介護される日が来る。人に身を任せる覚悟をどこかで持たないといけないと思うんです」

 そこで釈さんが提唱するのは、「お世話され上手」になること。いうなれば、介護される人が、上手に迷惑をかける「お世話され上手」のスキルを身につけようというのだ。

 それでは、「お世話され上手」のスキルにはどんなものがあるのだろうか。東京都内の介護施設を訪ねると、「どんな人に対しても、正しいケアを行っていかなくてはいけない介護の専門職としては、あまり考えてはいけない部分ですが、お互いにより良いケアができるヒントになれば」と前置きをした上で、スタッフおよそ15人を集めてくれた。

 そこで「お世話しやすい人はどんな人か」と聞くと、全員が口をそろえたのが「笑顔の人」だった。

「たとえば体操しましょうか、などと提案したときにニコッと笑ってくれると、楽しんでくれてるかなと思って安心します」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい