広野火力発電所の高線量放射能汚染 東電と食い違う従業員の証言

原発

2014/06/18 11:30

 福島県広野町にある広野火力発電所の一部が高線量放射能で汚染されていた実態が本誌の取材で明らかになった。福島第一原発から21キロの距離にある同発電所は11年4月22日、「屋内退避指示区域」の指定が解除され、同6月には運転が一部再開された。また、6号機の増設工事は事故後も続き、13年12月には運転を開始している。従業員や工事関係者、帰還者たちの健康被害が懸念される。ジャーナリストの今西憲之氏と本誌記者・小泉耕平がリポートする。

あわせて読みたい

  • スクープ! 東電がヒタ隠す広野火力発電所の高線量放射能汚染

    スクープ! 東電がヒタ隠す広野火力発電所の高線量放射能汚染

    週刊朝日

    6/18

    田原総一朗「事故から5年後の原発で触れた現場作業員の『心』」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「事故から5年後の原発で触れた現場作業員の『心』」

    週刊朝日

    3/11

  • ピー! 胸の線量計が鳴り緊張走る…福島第一原発の合同取材で見えた“いばらの道”

    ピー! 胸の線量計が鳴り緊張走る…福島第一原発の合同取材で見えた“いばらの道”

    AERA

    2/29

    原発作業員に「何、撮ってるんだ」と睨まれ… それでも撮り続けたカメラマン

    原発作業員に「何、撮ってるんだ」と睨まれ… それでも撮り続けたカメラマン

    AERA

    3/10

  • 原発作業員が訴える 安倍政権の避難指示解除の欺瞞

    原発作業員が訴える 安倍政権の避難指示解除の欺瞞

    週刊朝日

    4/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す