原発再稼働裁判 室井佑月「儲かることが国富じゃない」と怒り

しがみつく女

原発

2014/06/11 16:00

 5月に福井地裁で3,4号基の運転差し止めを求めた住民の訴えが認められた大飯原発。しかし、関西電力の八木誠社長は27日の会見で再稼働する可能性を示唆。こうした振る舞いに作家の室井佑月氏は「儲かることが国富なのか」と呆れている。

あわせて読みたい

  • 大飯原発差し止め判決に推進派が反論しない理由
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    大飯原発差し止め判決に推進派が反論しない理由

    週刊朝日

    6/17

    初の運転禁止仮処分? 高浜原発の今後

    初の運転禁止仮処分? 高浜原発の今後

    週刊朝日

    4/2

  • 高浜原発再稼働ストップ 原子力ムラvs.反原発弁護団の闘い

    高浜原発再稼働ストップ 原子力ムラvs.反原発弁護団の闘い

    週刊朝日

    4/22

    判決に関電欠席 大飯原発の住民勝訴が裁判官に与える衝撃

    判決に関電欠席 大飯原発の住民勝訴が裁判官に与える衝撃

    週刊朝日

    5/29

  • 原発裁判で住民勝訴の日は来るか? 問われる裁判官の良識と理性

    原発裁判で住民勝訴の日は来るか? 問われる裁判官の良識と理性

    週刊朝日

    10/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す