スクープ! 患者2人が保険外の腹腔鏡手術で死亡 千葉県がんセンターの事故調報告書全文入手!

2014/04/23 07:00

 大学病院を舞台にした人気のTBSドラマ「アリスの棘(とげ)」(上野樹里主演)では、治療より自分の研究を優先し、リスクの高い手術を行った結果、患者を死に至らしめ、医療事故の隠蔽に奔走するエリート医師らの姿が描かれている。現実の医療現場でもドラマを彷彿とさせる問題が起こっていることが、本誌の調査でわかった。

あわせて読みたい

  • 本誌スクープ続報 千葉県がんセンター医療事故と不正請求

    本誌スクープ続報 千葉県がんセンター医療事故と不正請求

    週刊朝日

    5/3

    院内手続き無視し、不正請求も エース医師はなぜ、暴走したのか

    院内手続き無視し、不正請求も エース医師はなぜ、暴走したのか

    週刊朝日

    4/23

  • 千葉県がんセンターが保険外の腹腔鏡下手術を“不正請求”

    千葉県がんセンターが保険外の腹腔鏡下手術を“不正請求”

    週刊朝日

    4/23

    「白い巨塔」で何が起きていたか 手術数競い合い、医局間争い…

    「白い巨塔」で何が起きていたか 手術数競い合い、医局間争い…

    AERA

    9/18

  • 本誌スクープ 千葉県がんセンター隠蔽、内部告発者をパワハラで追放…

    本誌スクープ 千葉県がんセンター隠蔽、内部告発者をパワハラで追放…

    週刊朝日

    6/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す