日銀の「異次元緩和」で本当に「デフレ脱却」しつつある?

安倍政権

2014/04/03 07:00

 安倍晋三政権がアベノミクスを打ち出し、なんとなく日本経済の景色が変わってきた。株価は底を打ち、円高も最悪期を抜け出した。問題は「最大の敵」デフレだ。日本銀行の黒田東彦(はるひこ)総裁は昨年4月4日、新たな金融政策「異次元の金融緩和」を発表した。金融市場から国債などを買い入れることで世の中に出回るお金の量を2倍に増やし、消費者物価指数の前年比2%上昇をめざすものだ。

あわせて読みたい

  • 藤巻健史氏 「日銀のインフレ目標設定は愚策」
    筆者の顔写真

    藤巻健史

    藤巻健史氏 「日銀のインフレ目標設定は愚策」

    2/24

    黒田日銀「異次元の金融緩和」 支持派の声

    黒田日銀「異次元の金融緩和」 支持派の声

    週刊朝日

    5/16

  • 政府のツケは先送り 行き過ぎ円安で起きる財政危機の現実味

    政府のツケは先送り 行き過ぎ円安で起きる財政危機の現実味

    週刊朝日

    1/18

    景気悪い経済指標続々 景気が良くない事実を直視しない安倍政権

    景気悪い経済指標続々 景気が良くない事実を直視しない安倍政権

    AERA

    9/16

  • 日銀の金融緩和 こっそり「出口」へ

    日銀の金融緩和 こっそり「出口」へ

    AERA

    10/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す