子孫が語る「豊臣秀吉の軍師・竹中半兵衛」の本当の顔 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

子孫が語る「豊臣秀吉の軍師・竹中半兵衛」の本当の顔

このエントリーをはてなブックマークに追加

 雛人形や五月人形などを作る人形師3代目で、豊臣秀吉の軍師だった竹中半兵衛の18代目子孫である竹中重男(79)さん。子孫が語る戦国軍師たちの秘話とは。

*  *  *
 半兵衛は、秀吉の片腕として活躍した天才軍師です。同じく秀吉に仕えた黒田官兵衛と並び、「両兵衛」「二兵衛」と呼ばれました。若いころには、わずか十数人で稲葉山城を奪取したことがあるほどです。

 子孫とはいっても、半兵衛については、小説などから得た知識が多いです。それでも祖父は、半兵衛は学者風で静かな物腰だったみたいだとか言っていました。

 時代は下りますが、幕末に陸軍奉行だった曽祖父の重固(しげかた)のことは、父親からよく聞かされました。重固は鳥羽伏見の戦いで、旧幕府軍を指揮しました。その後は、東北へ行って会津を救おうとしたり、函館で榎本武揚軍にも参加しています。だから、うちでは、NHK大河ドラマ「八重の桜」を見ることができなかった。悲しくて。

 うちは人形師をしています。私で3代目。重固の娘、私の祖母・鶴が初代です。人形師というよりも、内職だったと思いますけど。維新の後に武士から平民になり、食べていくことができなくなったから、生活のために始めたんじゃないでしょうか。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい