スーツ代もOK? 会社員にも適用の「特定支出」控除で税金が戻る

増税

2014/01/10 11:30

 大増税時代がはじまった。所得税、消費税、相続税……国民の負担はこれから増えるばかりだ。とはいえ、救いの手がないわけでもない。実は、会社員でも仕事に必要な技術や知識を得るために支払ったお金であれば、確定申告で「特定支出」として計上できる。清新税理士法人の白井いづみ税理士は言う。

あわせて読みたい

  • サラリーマンの確定申告 スーツにタクシー代も「特定支出控除」で!

    サラリーマンの確定申告 スーツにタクシー代も「特定支出控除」で!

    週刊朝日

    2/9

    会社員でも「自腹経費」を確定申告できる? 税金が戻る条件は…

    会社員でも「自腹経費」を確定申告できる? 税金が戻る条件は…

    AERA

    2/24

  • 「確定申告なんて関係ない」と思う会社員が大損している理由

    「確定申告なんて関係ない」と思う会社員が大損している理由

    ダイヤモンド・オンライン

    2/18

    確定申告で副業はどうバレる? その事例とケースを税理士が解説

    確定申告で副業はどうバレる? その事例とケースを税理士が解説

    AERA

    12/15

  • めまぐるしく変化する税制 正しい知識で節税を

    めまぐるしく変化する税制 正しい知識で節税を

    週刊朝日

    5/16

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す