日本人が米国で続々と刑務所送り「普通に働いただけなのに…」

2014/01/09 11:30

 昨年9月下旬、米司法省のエリック・ホルダー長官は新たに日本企業9社が自動車部品をめぐって価格調整を続けて反トラスト法(米国の独占禁止法)に違反してきたと認め、罰金の支払いに応じたと発表した。長官自ら会見に出たことからも同省の意気込みは明らかだった。

あわせて読みたい

  • 「ライバル会社とは話すな!」 相次ぐ日本人社員の逮捕に米弁護士が警告

    「ライバル会社とは話すな!」 相次ぐ日本人社員の逮捕に米弁護士が警告

    週刊朝日

    1/10

    中国で「聖域なき摘発」日本企業も次々摘発

    中国で「聖域なき摘発」日本企業も次々摘発

    AERA

    9/19

  • トランプに“負けない”日本企業の条件とは?

    トランプに“負けない”日本企業の条件とは?

    AERA

    2/22

    ゴーン事件の弁護士が「特捜部長」時代に語った抱負 弱い立場の働く人の味方に…

    ゴーン事件の弁護士が「特捜部長」時代に語った抱負 弱い立場の働く人の味方に…

    AERA

    12/1

  • 安倍政権の交渉力は文在寅以下? 「ウィンウィン」主張も米韓FTAより譲歩

    安倍政権の交渉力は文在寅以下? 「ウィンウィン」主張も米韓FTAより譲歩

    dot.

    9/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す