みのもんたが明かした「歴代首相との本当の関係」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

みのもんたが明かした「歴代首相との本当の関係」

このエントリーをはてなブックマークに追加
みのもんた氏(撮影/遠崎智宏)

みのもんた氏(撮影/遠崎智宏)

みのを批判する週刊誌の記事(撮影/写真部・山本正樹)

みのを批判する週刊誌の記事(撮影/写真部・山本正樹)

 次男の逮捕を受けて、朝の情報番組を降板したみのもんた。本誌へのインタビューで、歴代首相との関係やセクハラ、TBS株の真相を明かした。

 2005年から8年半続いた「朝ズバッ!」では、歯に衣着せぬ物言いが持ち味だった。それが今回の騒動では「上から目線」などと批判された。

「おかしいものはおかしいと、当たり前のことを言うのが使命と思っていました。生半可な言い方じゃダメなんです。生意気だって言われてもいいから、そういう突っ込み方をしないと、テレビを見ている人はわかってくれない。ただし、『親が責任をとって仕事を辞めろ』と言ったことはありません。『バカ息子がなんでこんなことやったんだ、親の気持ちがわかんねえのかな』とまでは言いますが、親に『女優をやめろ』とまでは言っていない。そういう前例をつくってしまっていいのか、よく議論してほしかった」

 みのには今も忘れられない言葉があった。

 生放送で、ある国会議員に「みのもんたごときに」と言われたことだ。

「議員の先生から軽蔑されているんだなと感じましたね。安倍晋三さん、野田佳彦さん、菅直人さんと、時の首相とも飲む機会がありましたが、なぜか翌日の新聞の『首相動静』には載っていなくて、『蓮舫と会った』などと書かれている。『みのもんたと会った』なんて書けないのかね。そういう疑問を、僕は平気で口に出しちゃうんです」

 そんなみのが沈黙を続けている間、週刊誌を中心としたメディアは執拗な批判を繰り返した。番組内での女子アナウンサーへのセクハラ疑惑や、みのがTBSの個人筆頭株主となって局に報復するとも報じられた。

「『朝ズバッ!』の放送中に女性アナウンサーにセクハラしたと言われましたが、あり得ない。TBSは生の映像を見てますから、僕がそんなことしていないというのはよくわかっていますよ。TBS株主の話は、いったいどこで調べてくるのでしょうか(笑)。確かに株は持っていますし、個人では筆頭なのかもしれない。でも、あれは三木谷さんとの戦争(05年の楽天=三木谷浩史社長=によるTBS株大量取得)の時に局から『安定株主になってください』と言われて買っただけです。TBS株は1億株以上もあって、僕が持っている分なんて虫眼鏡で見たって見えない」

週刊朝日  2013年11月15日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい