原発事故で東電のずさんな補償業務 派遣社員が座談会で暴露

原発

2013/07/31 07:00

 被災地への“冒涜(ぼうとく)”は、まだ続いていた――。本誌5月3・10日号の「潜入ルポ」で暴いた、福島第一原発事故の補償業務のずさんな実態は、本誌の報道後も続き、さらに醜くなっていた。最前線で業務にあたる派遣社員たちの生の声をジャーナリストの宮田賢治氏が伝える。

あわせて読みたい

  • 人件費だけで月に18億円? なかなか進まぬ東電補償業務の実態

    人件費だけで月に18億円? なかなか進まぬ東電補償業務の実態

    週刊朝日

    7/31

    東電「賠償金算定」の驚愕の実態を潜入ルポ

    東電「賠償金算定」の驚愕の実態を潜入ルポ

    週刊朝日

    4/24

  • 福島県民が6月11日に東電・勝俣会長らを相手に集団提訴へ

    福島県民が6月11日に東電・勝俣会長らを相手に集団提訴へ

    週刊朝日

    6/9

    9兆円超の賠償金を狙う「詐欺」が続出 原発事故の余波

    9兆円超の賠償金を狙う「詐欺」が続出 原発事故の余波

    週刊朝日

    2/3

  • 「気が狂いそう」な原発作業現場 冷たい水を飲めるのは東電社員だけ

    「気が狂いそう」な原発作業現場 冷たい水を飲めるのは東電社員だけ

    週刊朝日

    7/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す