結婚は「犯し合い」? 親鸞の教えに見る結婚観

男と女

2013/07/30 11:30

 僧でありながら結婚し、子をもうけ、僧でもなく俗人でもない「非僧非俗」の道を生きた親鸞(しんらん)。悪人さえも救われるという教えを説く法然の門下に入るなど、その考えは独特だ。そんな親鸞の教えから、新たな“結婚観”を探った。

あわせて読みたい

  • 仏像好きでも意外と知らない「千手観音菩薩像」の腕が42本の理由

    仏像好きでも意外と知らない「千手観音菩薩像」の腕が42本の理由

    dot.

    9/24

    お坊さんに萌え~? 気になる“坊コン”の実態

    お坊さんに萌え~? 気になる“坊コン”の実態

    週刊朝日

    6/27

  • 宗教嫌いの帯津医師 30年以上観音さまを崇める深い理由
    筆者の顔写真

    帯津良一

    宗教嫌いの帯津医師 30年以上観音さまを崇める深い理由

    週刊朝日

    11/16

    窃盗仏像を返還しない韓国の「不信心」

    窃盗仏像を返還しない韓国の「不信心」

    週刊朝日

    2/26

  • 親鸞と日本主義

    親鸞と日本主義

    週刊朝日

    9/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す