保険料の家計圧迫には「払済保険」でシェイプアップ 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

保険料の家計圧迫には「払済保険」でシェイプアップ

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

 長い人生の中で、生命保険はマイホームに次ぐ大きな買い物だと言われる。家計を切り盛りする妻にとっては、悩ましい存在だ。しかし同時に、家族の人生を支えてくれる頼もしい存在でもある。その生保と上手に付き合っていくにはどうしたらよいのだろう。

 ファイナンシャルプランナーの古川みほさんは、保険金や保険料の“シェイプアップ”を提案する。保険金のシェイプアップは、つまり必要保障額の見直し。保険金額が減れば、支払う保険料も減る。

 保険料のシェイプアップにはいくつか方法がある。加入しているのが貯蓄性のある保険であれば、同じ保険金額で、保険料の安い掛け捨て保険にするといい。ほかに「払済(はらいずみ)保険」や「延長定期保険」という耳慣れない方法もある。古川さんが説明する。

「『払済保険』は、保険料の払い込みをいったん中止して、その時点での解約返戻金をもとに、保険期間を変えずに保障額が少ない保険に変更する方法。『延長定期保険』は、解約返戻金をもとに、保障額を変えずに保険期間を短くする方法です。とりあえず負担を減らすことで、新たな保険を検討する余裕も生まれます。ただ特約は消えてしまうので気をつけてください」

 また、保険の解約返戻金の一定範囲内で貸し付けが受けられる「契約者貸付(かしつけ)」という制度もある。古川さんによれば、この制度を利用する人は多いらしい。

「特に学資保険の契約者貸付を受けるケースが多く、『子どもの将来の学費に手を出した』と自己嫌悪に陥る方もいます。貸し付けを受けると利息が生じます。返すメドがつかないなら、早めに保険金額を減額するか、解約を考えましょう」

 保険で家計が窮するなら本末転倒。顧みて、賢く利用しよう。

週刊朝日 2013年7月5日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい