被害者が激白 大阪府警は「裏でこんなことをやっていた」

麻薬

2013/06/20 07:00

 一連の検察不祥事に続き、大阪府警でも虚偽の供述調書を作成したことが発覚し、大問題になった。悪質なのは、関与した警官らが裁判でも偽証したことだ。審理がやり直される異例の事態になった。“被害者”となった男性被告(40)は本誌に「おかしいと思っていたら、裏でこんなことをやっていた」と激白した。ジャーナリストの今西憲之氏が事件を取材した。

あわせて読みたい

  • 「国松長官刺殺事件」はオウム信徒が逮捕されるも時効成立

    「国松長官刺殺事件」はオウム信徒が逮捕されるも時効成立

    週刊朝日

    7/6

    大阪府警で大麻汚染 岸和田の元ヤン巡査が同期生らに勧めた代償

    大阪府警で大麻汚染 岸和田の元ヤン巡査が同期生らに勧めた代償

    週刊朝日

    6/20

  • 押尾学実刑判決 暴かれた5つの大罪

    押尾学実刑判決 暴かれた5つの大罪

    週刊朝日

    9/24

    【独自】滋賀県警が再審で無罪判決の元看護助手を再び「犯人視」 証拠文書を入手

    【独自】滋賀県警が再審で無罪判決の元看護助手を再び「犯人視」 証拠文書を入手

    dot.

    23時間前

  • 河井案里参院議員秘書3人を逮捕 決め手は「河井ルール」 本丸は克行前法相か

    河井案里参院議員秘書3人を逮捕 決め手は「河井ルール」 本丸は克行前法相か

    週刊朝日

    3/3

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す