世代交代、巻き返し AKB総選挙本番までの波乱を予想 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

世代交代、巻き返し AKB総選挙本番までの波乱を予想

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

 6月8日に神奈川の日産スタジアムで行われる「第5回AKB48選抜総選挙」の速報結果が、5月22日に発表された。

 毎年恒例となった「総選挙」だが、今年から過去に4年以上「AKB48グループ」に所属した卒業生にも門戸が開かれ、計248人が立候補した。注目の速報結果は?

 昨年1位の大島優子(24・暫定3位)、同2位の渡辺麻友(19・暫定2位)を抑えて首位に立ったのは、意外にも現在はHKT48に在籍する指原莉乃(20)だった。

「指原さんは“へタレ”キャラで頭角を現し、昨年は4位に躍進。とはいえ、昨年に一部週刊誌で過去の男性スキャンダルが報じられ、福岡・博多を拠点とする姉妹グループのHKT48に移籍。今回の総選挙では苦戦も予想されていたのですが……」(スポーツ紙芸能担当記者)

 速報では2万8563票を獲得し、2位の渡辺にWスコア近い大差をつけた。今年1月に同じく男性スキャンダルで“丸刈り謝罪”して、研究生に降格した峯岸みなみ(20)は26位(昨年は14位)と出遅れる中、なぜ指原が首位になれたのか。

「指原はアンチも多いが、コアなファンも多い。『窮地の時こそ自分たちが』というファンの思いが、投票開始から間もないこの時期に表面化したのでしょう。先日、HKT48劇場支配人との兼任が発表されましたが、HKT48に対する貢献度も高く評価されているはずです」(芸能評論家)

 また、上位には他にも意外な顔ぶれが。8位にはSKE48の柴田阿弥(20)がランクイン。柴田は2010年9月にグループに加入したが、SKE48の選抜メンバーにすら選ばれたことはない。

「彼女はフランス語も話せる才女。学校側からの『自粛指導』で卒業するまで活動を休止して、昨年3月に活動を再開させました。マジメな性格と握手会での対応の良さで、潜在的な人気が一気に爆発した結果でしょう」(SKE関係者)

 さて、本番では劇的な「世代交代」は起こるのか。

「大島、渡辺をはじめ、ベテラン勢の巻き返しは必至でしょう。底力があるし、指原がトップに立ったことで、他のメンバーのファンも燃えるはず。なんせ昨年1位の大島の総獲得票数は10万8837票。速報時から9万票以上も増やしています」(前出の芸能評論家)

 まだひと波乱もふた波乱も期待できそうだ。

週刊朝日 2013年6月7日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい