患者自身の細胞の移植も有効な治療法

がん

2013/04/16 16:00

 血液がんの一つ、多発性骨髄腫は平均生存期間3年の病。この病気の治療では、病期や年齢で治療方針が変わる。その人にとって最善の治療を受けるためのポイントについて、がん研有明病院血液腫瘍科部長の畠清彦医師に聞いた。

あわせて読みたい

  • 「不治の病」だった宮川花子の多発性骨髄腫 最新治療で完治も期待できる病気に

    「不治の病」だった宮川花子の多発性骨髄腫 最新治療で完治も期待できる病気に

    週刊朝日

    12/11

    原因不明の多発性骨髄腫 「新三薬」登場で余命向上へ

    原因不明の多発性骨髄腫 「新三薬」登場で余命向上へ

    週刊朝日

    1/19

  • 元フジテレビ・笠井信輔アナが「悪性リンパ腫」で療養へ 軸となる治療法とは?

    元フジテレビ・笠井信輔アナが「悪性リンパ腫」で療養へ 軸となる治療法とは?

    dot.

    12/18

    競泳・池江選手も発症した急性白血病 進化を続ける治療法とは

    競泳・池江選手も発症した急性白血病 進化を続ける治療法とは

    dot.

    7/23

  • 夏目雅子を襲った急性骨髄性白血病 今では可能になった「ミニ移植」とは?

    夏目雅子を襲った急性骨髄性白血病 今では可能になった「ミニ移植」とは?

    dot.

    9/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す