狙い目は「不動産」株 「東京の土地は割安感あり」と専門家

2013/01/16 12:00

 野田佳彦前首相が衆議院解散を宣言した昨年11月中旬に9千円台だった日経平均。自民党が総選挙で圧勝してから1カ月で一気に1万800円台まで上昇した。今年最初の取引日、1月4日の「大発会」でも約300円高の急発進となり、東日本大震災前の水準を回復した。

あわせて読みたい

  • 「安倍バブル」到来の機運に「4月で頭打ち」の声も

    「安倍バブル」到来の機運に「4月で頭打ち」の声も

    週刊朝日

    1/15

    中国政府系ファンドの日本株買い 日本の技術力や不動産が狙い?

    中国政府系ファンドの日本株買い 日本の技術力や不動産が狙い?

    週刊朝日

    6/19

  • 1ドル=200円時代も 不動産と金は大丈夫?

    1ドル=200円時代も 不動産と金は大丈夫?

    週刊朝日

    1/30

    実態なき「カネ余り」を反映? 日銀株がストップ高連発の理由

    実態なき「カネ余り」を反映? 日銀株がストップ高連発の理由

    週刊朝日

    3/13

  • 四重苦、五重苦から...日本株復活 これからの「勝ち組」銘柄

    四重苦、五重苦から...日本株復活 これからの「勝ち組」銘柄

    2/23

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す