「尖閣不況」はすでに起こっている 各党の対中政策は?

2012衆院選

2012/12/14 07:00

 尖閣問題以降、緊張した状況が続く日中関係に関して、自民を中心とした各党は対決姿勢をみせている。しかしその影響はすでに経済面で表れているようだ。元外務省国際情報局長の孫崎亨氏はこう話す。

あわせて読みたい

  • 日豪が「事実上の同盟国」に 議論ないまま訪れる「自衛隊が中国軍から豪州軍を守る日」

    日豪が「事実上の同盟国」に 議論ないまま訪れる「自衛隊が中国軍から豪州軍を守る日」

    AERA

    12/28

    「ワクチン外交」で中国の覇権強化 米国の包囲網構想に陰り

    「ワクチン外交」で中国の覇権強化 米国の包囲網構想に陰り

    週刊朝日

    3/5

  • 尖閣諸島周辺に中国公船が集結 領土問題の再燃抑えるには

    尖閣諸島周辺に中国公船が集結 領土問題の再燃抑えるには

    AERA

    8/23

    中国は“過大評価”されている? 経済規模トップでも国民1人あたりで計算すると… 日本に求められる冷静な視点

    中国は“過大評価”されている? 経済規模トップでも国民1人あたりで計算すると… 日本に求められる冷静な視点

    AERA

    4/16

  • バイデン政権の軍事政策に中国では「祝杯で老酒売り切れ」? 南シナ海での軍事力優勢ほぼ手中に

    バイデン政権の軍事政策に中国では「祝杯で老酒売り切れ」? 南シナ海での軍事力優勢ほぼ手中に

    AERA

    2/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す