看取りの現場で介護士と看護師がわかりあった瞬間

介護を考える

2012/11/23 16:00

 延命治療をしない「平穏死」というキーワードを通して、理想の看取りを一緒に考えている医師がいる。「平穏死」提唱者で著書もある、特別養護老人ホーム「芦花ホーム」の石飛幸三(いしとびこうぞう)医師(77)だ。石飛氏がこう語る。

あわせて読みたい

  • 医師が「不作為の殺人」を避けるための「平穏死」

    医師が「不作為の殺人」を避けるための「平穏死」

    週刊朝日

    11/25

    「生かし続けるのはかわいそう」終末期医療で進む「自然な看取り」の実情

    「生かし続けるのはかわいそう」終末期医療で進む「自然な看取り」の実情

    AERA

    11/14

  • 自宅で迎える「平穏死」のために 「在宅医」を選ぶ3つのポイントとは?

    自宅で迎える「平穏死」のために 「在宅医」を選ぶ3つのポイントとは?

    週刊朝日

    11/30

    小林麻央さん命日 最期の場に自宅を選んだ「平穏死」の必要性

    小林麻央さん命日 最期の場に自宅を選んだ「平穏死」の必要性

    週刊朝日

    6/22

  • 「在宅看取り件数」が明らかに! 全国2685診療所&病院の実績を週刊朝日ムックで掲載

    「在宅看取り件数」が明らかに! 全国2685診療所&病院の実績を週刊朝日ムックで掲載

    9/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す