山中教授の「奇跡」と縦割り行政が研究支援を阻む現実

ノーベル賞

2012/10/18 07:00

 山中伸弥京大教授がノーベル賞を受賞したが、日本の研究環境はけっして恵まれているものではないようだ。ニュースキャスターの辛坊治郎氏はとある「事件」を例に挙げて、「山中教授の成功は、本人の努力と才能に加えて、奇跡のような僥倖の上に成し遂げられたのだ」と指摘する。

あわせて読みたい

  • 20兆円市場に大手、ベンチャーが続々参入 保険診療で加速する再生医療

    20兆円市場に大手、ベンチャーが続々参入 保険診療で加速する再生医療

    週刊朝日

    7/6

    iPS10歳、浮上してきた新たな問題

    iPS10歳、浮上してきた新たな問題

    AERA

    11/28

  • 女性教員が高比率の上智大 背景にメンター制など独自の取り組み

    女性教員が高比率の上智大 背景にメンター制など独自の取り組み

    AERA

    11/3

    アフターコロナ時代は人文社会系の研究も不可欠に 立命館大学長が理由を語る

    アフターコロナ時代は人文社会系の研究も不可欠に 立命館大学長が理由を語る

    週刊朝日

    7/20

  • ノーベル賞の山中伸弥教授 大学プレゼンで大バクチ

    ノーベル賞の山中伸弥教授 大学プレゼンで大バクチ

    AERA

    10/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す