山口智子の連ドラ復帰を決心させたのは「ミタ」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

山口智子の連ドラ復帰を決心させたのは「ミタ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#ドラマ
かつての「視聴率の女王」、見た目はそのままの山口智子 (c)朝日新聞社

かつての「視聴率の女王」、見た目はそのままの山口智子 (c)朝日新聞社

 苦境続きのドラマ業界に救世主が現れた――と言っても、“白馬の騎士”でなく、往年のトレンディードラマの“女王”が帰ってきたのだ。

 山口智子(47)の起用で注目を集めるのが「ゴーイング マイホーム」(フジ系)。山口が16年ぶりに連ドラ復帰した背景にはこんなことがあったという。

「山口は伝統工芸などに傾倒して女優業を避けていた。ところが、出産などで第一線を退いていた松嶋菜々子が『家政婦のミタ』で40%の驚異的視聴率を打ち立てて返り咲いたのを見て、自分もイケると自信を持ち、復帰を決めたそうです」(女性週刊誌記者)

 ところが、『ミタ』の視聴率よりも驚いたのは、全盛期そのままの山口の容姿だ。“おネエ”映画ライターのよしひろまさみち氏もこう驚く。

「顔も髪型も20年前と変わらない。奇麗っちゃ奇麗だけど、今の流行の奇麗さではないのよね…」

週刊朝日 2012年10月26日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい