キムタク、秋の「月9」はどうなる!? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

キムタク、秋の「月9」はどうなる!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#ドラマ

「いま、局の上層部からは、ウチの『相棒』を探せ、との達しが出ています」

 そう話すのは、日テレの関係者。彼らが言う「相棒」とは、テレビ朝日の水谷豊主演ドラマ「相棒」のことである。

 テレ朝は、今年4~6月期に開局以来、初の視聴率3冠を獲得した。対照的に、これまで首位を争ってきたフジと日テレの落胆ぶりは相当だという。

「テレ朝の勝因は、『報道ステーション』などの健闘もあるが、なんといっても『相棒』。再放送でも数字が取れるモンスター番組で、続いて放送される『スーパーJチャンネル』にも視聴者が流れ、『Jチャンネル』の数字も引き上がるんです」(テレビ誌ライター)

「相棒」は、10月から成宮寛貴を迎えた「シーズン11」がスタートするため、再び「テレ朝がウハウハになる」と妬(ねた)む声も多いとか。一方、テレ朝以外の局は、さっそく不安の声が上がっているという。

 トレンディードラマで一時代を築いたフジは、10月からの"月9"に木村拓哉主演をぶつけるというが、同局関係者はこう囁く。

「"視聴率男"だったキムタクも、前作『南極大陸』はスケールの割に視聴率がふるわず、前々作の月9『月の恋人』の最終回も20%に届かなかった。ここ数年は、旬の女優や実力派俳優などで豪華に脇を固めている。一時は手放しでキムタク作品への参加を喜んでいた共演者も、最近はオファーに躊躇(ちゅうちょ)するようになってきた。今回はヒロイン役に香里奈を予定しているようですが、正念場になりそうですよ」

※週刊朝日 2012年8月10日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい