自民党の総裁選候補「お公家」「オタク」「おなか」って誰? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

自民党の総裁選候補「お公家」「オタク」「おなか」って誰?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

 消費増税関連法案の採決が政局夏の陣の最大の焦点だが、与野党の関心は、今国会中の衆院解散の可能性と、9月の民主党代表選、自民党総裁選にも向けられている。次期総理を目指し自民党では三つ巴の戦いが始まった。

*  *  *
 森喜朗元首相(75・当選14回)が7月22日、地元・石川で、「若い人に道を譲る」と引退宣言をした。

 とはいえ、ポストや選挙などで長年「自民党ムラ」を差配してきた「長老」があっさり身を引くわけもない。2日後の24日には衆院議員会館の会議室で、

「この3年間我慢してやってきた。今のところどう見ても谷垣さんしかいない」

 今回の総裁選は衆院解散・総選挙と表裏一体の関係にある。各種情勢調査で自民党の有利が伝えられるため、野田政権を今解散に追い込めば、自民党が第1党=政権に返り咲く可能性が高い。その場合は文句なしに谷垣禎一総裁(67・当選10回)が再選される。

 ただ、現在、野田官邸には解散の雰囲気はほとんどない。今国会中の解散がなくなれば、その瞬間から自民党は総裁選モードに突入する。

 その場合、京都が地元で上品な人柄から「お公家」と呼ばれる谷垣氏が、長老たちの支持を得て◎本命、防衛オタクの石破氏が○対抗、おなかが治った安倍氏が☆大穴というのが、現時点での下馬評だ。

 総裁選は9月23日の予定。お盆休み明けには事実上のスタートが切られる。

※週刊朝日 2012年8月10日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい