読売・渡邉会長 「たばこはやめないほうがいい」と断言 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

読売・渡邉会長 「たばこはやめないほうがいい」と断言

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

 読売新聞社のトップ、渡邉恒雄さん(85)は、5月30日に86歳になるが元気そのもの。しかし、じつはヘビースモーカーだという。渡邉さんに長生きの秘訣を聞いた。

*  *  *
 あと2年で88歳になるんで、そのへんが「達者でポックリ」の理想かと思ってますよ。そのころにはわが社の新社屋の大手町にできるんで、それまではなんとか、と。

 運動はゴルフだけですね。週に1回が原則なんですが、土曜日にしかやらない。日曜日はうちで半日寝て、あとは本を読んでいる。土曜日に雨が降ることがあるので、去年のゴルフは年に25回だったかな。

(たばこは)パイプです、一日中。僕は、紙巻きは吸わないんですよ。あれだと1日100本ぐらい吸いますから。パイプは、まあ燻らせているだけで、十分ニコチンが補給される。がんの権威の先生からは「たばこをやめなければ、あなたは必ず肺がんで死ぬ」と言われましたけど、検査したら、がんのかけらもない。僕は70年吸い続けているんですよ。15、16歳から吸ってたんですからね。禁煙バンザイっていうのは、いったい何事だっていつも怒っているんだよ。

 僕は一度禁煙したことあるんだよ。会社の役員会で6ヶ月禁煙できるかどうかで一人1万円ずつ賭けをした。それで結局6ヶ月できて、十数万円もうけた。その翌日から吸い始めましたね、猛然と。というのはね、その6ヶ月の禁煙のストレスがひどかった。どういう現象が起きるかというとね、やたら腹が立つ。人を怒鳴る。それでずいぶん迷惑をかけた人がいると思いますよ。だから、たばこはやめないほうがいい。

※週刊朝日2012年6月8日号


週刊朝日


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい