グリー社長 「もはやネットの場が"リアル(現実)"」になっている 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

グリー社長 「もはやネットの場が"リアル(現実)"」になっている

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#スマホ

 国内2800万人を超える会員数を誇る携帯電話向け交流サイト運営大手「グリー」。34歳の田中良和氏社長が8年前にたった一人で始めたサービスは、売上高719億円の事業に拡大した。楽天の三木谷浩史社長やサイバーエージェントの藤田晋社長らに続くIT業界の寵児が考える、ソーシャルゲームの新しい可能性について聞いた。

*  *  *
 たかがゲームじゃないかという声もありますが、世界最大のエンターテインメント産業はゲームです。いまや音楽や映画より、大きなマーケットになっています。そしてそのゲームによって、いままでテクノロジーと縁のなかった人たちへの間口が広がり、スマートフォンの世界的な普及に伴って、さらに新しいコミュニケーションが生まれるんじゃないかと考えています。

 重要なのは、いま現在、ソーシャルゲームの売り上げが伸びている、そのこと自体ではありません。人々の生活の場が、よりネットの世界に移行してきている――そこが真のテーマです。かつて「バーチャル(仮想)」などといわれましたが、もはやネットの場が「リアル(現実)」になっている。つまり、これからもっとインターネットが生活空間の一部となり、それによって幸せになる人の割合が増えていくということです。

※週刊朝日2012年2月17日号


週刊朝日


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい