週刊現代×黒川氏「21面相」騒動は法廷闘争へ

2011/11/23 16:19

 本誌既報どおり、週刊現代の連載記事でグリコ・森永事件の犯人であるかのように報じられたミステリー作家の黒川博行氏(62)と親族が11月10日、名誉毀損にあたるとして、出版元の講談社と編集長、筆者のジャーナリスト・岩瀬達哉氏に計3300万円の損害賠償などを求め、東京地裁に提訴した。

あわせて読みたい

  • 日本犯罪史に残る企業脅迫事件! 関係者や被害者への緻密な取材から全貌を解き明かす

    日本犯罪史に残る企業脅迫事件! 関係者や被害者への緻密な取材から全貌を解き明かす

    BOOKSTAND

    5/10

    グリコ・森永事件の脅迫状はなぜ執拗に送られ続けたのか?日本中を恐怖に陥れた犯人像

    グリコ・森永事件の脅迫状はなぜ執拗に送られ続けたのか?日本中を恐怖に陥れた犯人像

    dot.

    11/1

  • 【「本屋大賞2017」候補作紹介】『罪の声』――構想15年 「グリコ森永事件」の

    【「本屋大賞2017」候補作紹介】『罪の声』――構想15年 「グリコ森永事件」の"その後"を描いた力作

    BOOKSTAND

    3/13

    「尼崎連続怪死」角田被告の弟と「グリコ・森永事件」

    「尼崎連続怪死」角田被告の弟と「グリコ・森永事件」

    週刊朝日

    11/5

  • 罪の声

    罪の声

    週刊朝日

    9/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す