増える“草食系離婚” 浮気に走る若妻たち (2/6) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

増える“草食系離婚” 浮気に走る若妻たち

このエントリーをはてなブックマークに追加

(※イメージ)

(※イメージ)

 S子目当ての客が付き、店の売り上げが上がった。ママはS子を重宝し、

「結婚してることは言わんほうがいいかもなあ。まあ、あんた次第やけど。S子、どう思う?」

 と“注意”した。

 京都は、意見を求められているようで実は命令されている、ということを知らなくては生きていけない、厄介な土地だ。だから、当初、

「家では旦那が子どもを見てる」

 と説明していたS子は、

「子どもはいるけど、仕事中はお母さんに預けてる。結婚はしてへん」

 と、嘘をついた。

 すると、とたんに男たちがS子を口説き始めた。中には毎日通っては、

「結婚してくれ」

 と、指輪を渡そうとする学生もいたという。

 S子は、スナックに行くことが楽しみになった。長年、子どもと夫だけの世界にいたS子にとって、男に請われることは新鮮で気持ちがよかったからだ。

「家ではもうすっかり母親だったから、びっくりした。『うち、まだまだイケるやん』って(笑い)。何より久しぶりに女として扱われることが嬉しかった」

 もうママの“注意”のためではなかった。S子は気に入った相手なら、同伴やアフターを受けるようになった。

 その中の一人に、30代の男性、Hさんがいた。

 Hさんも、S子と同じく子どもがいたが、妻とは、

「別居している」

 と説明したそうだ。それも本当かどうかはわからない。それでもS子はこのHさんを好きになった。

 ある日、アフターでHさんと居酒屋に行った後、ホテルに誘われた。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい