梅雨明けした関東甲信 今年の真夏の見通し 猛暑や雷雨に注意 そろそろ台風シーズン 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

梅雨明けした関東甲信 今年の真夏の見通し 猛暑や雷雨に注意 そろそろ台風シーズン

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


きょう16日、関東甲信は梅雨明けしたとみられると発表がありました。真夏の到来です。今年の盛夏の時期の見通しをまとめました。

厳しい暑さに警戒

きょう16日、関東甲信は梅雨明けしたとみられると発表がありました。平年(7月19日ごろ)より3日早く、昨年(8月1日ごろ)より16日早い梅雨明けとなりました。いよいよ真夏の到来です。

18日(月)頃までは夏空が広がり、真夏の暑さが続くでしょう。最高気温は広く30℃以上となり、内陸部を中心に35℃くらいまで上がりそうです。本格的な暑さが続きますので、熱中症対策を万全になさってください。

20日(火)からも晴れますが、湿った空気の影響で所々でにわか雨があるでしょう。天気の急変にご注意下さい。猛烈な暑さは幾分トーンダウンしそうです。

雨の降る日が多く

24日(土)は広く晴れますが、25日(日)以降は安定した晴天は続かないでしょう。気圧の谷や熱帯擾乱の影響で、広く雨が降り、発達した雨雲のかかる可能性もあります。まだ予想に大きな幅がありますので、今後の最新の情報にご注意ください。最高気温は30℃以上の日が多く、28日(水)からは熊谷や前橋などで35℃以上の猛暑日となるでしょう。暑さで体調を崩さないよう、こまめに水分をとり、汗をかいたら適度に塩分も補給してください。室内では適切にエアコンを使い、無理のないようにお過ごしください。

8月も酷暑

最新の1か月予報によりますと、その後、8月前半にかけては晴れる日が多いですが、湿った空気が入りやすく、急な雨や雷雨に注意が必要です。平均気温は平年並みか高い可能性があり、体にこたえる蒸し暑さが続く予想です。夏バテしないよう注意が必要です。

今年の夏本番は厳しい暑さの日が多い一方で、安定した晴天は続かず、7月下旬を中心に雨の降る日も多くなりそうです。そろそろ台風シーズンにも突入しますので、台風の動向にも注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい