三重県や山口県などで35℃以上の猛暑日 来週は暑さレベルアップする所も 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

三重県や山口県などで35℃以上の猛暑日 来週は暑さレベルアップする所も

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


13日、日本列島は暖かい空気に覆われています。15時までの最高気温は、三重県桑名市で35.4℃、山口県山口市で35.1℃など、35℃以上の猛暑日になりました。

今年最も高い気温 35℃以上の猛暑日の所も

13日、日本列島は暖かい空気に覆われています。15時までの最高気温は、三重県桑名市で35.4℃、山口県山口市で35.1℃、高知県四万十市西土佐と岐阜県多治見市で35.0℃と、猛暑日になりました(猛暑日は、最高気温が35℃以上の日)。長崎市は32.2℃、岐阜市は34.0℃など、いずれも今年最も高くなりました。

厳しい暑さ続く 18日(日)頃から更に暑くなる所も

向こう一週間も、日本列島は暖かい空気に覆われる日が続く見込みです。最高気温は、九州から東北は、30℃を超える日が続く所が多く、厳しい暑さが続くでしょう。北海道も30℃くらいまで上がる所がある見込みです。18日(日)頃からは、更に気温が高くなる所があるでしょう。近畿や北陸、東海などを中心に、35℃くらいの所がある予想です。こまめな水分補給など、しっかりとした熱中症対策が必要です。屋外で、人との距離が2メートル以上とれる時は、マスクをはずしましょう。マスク着用時は、激しい運動は避けて下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい