東海地方 あす7日(水)にかけて大雨に警戒 熱帯夜の日が多く、寝苦しい夜が続く 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東海地方 あす7日(水)にかけて大雨に警戒 熱帯夜の日が多く、寝苦しい夜が続く

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


東海地方は、あす7日(水)にかけて、岐阜県を中心に大雨となる所があるでしょう。

また、土石流が発生した静岡県では引き続き土砂災害に厳重に警戒して下さい。

東海地方 週間天気

梅雨前線は引き続き本州付近に停滞し、東海地方には湿った空気が流れ込んでいます。この後、あす7日(水)にかけても所々で雨となり、岐阜県を中心に雷を伴って激しい雨の降る所があるでしょう。

あす7日(水)にかけて予想される1時間雨量は、岐阜県の多い所で30ミリ、静岡県の多い所で10~15ミリです。静岡県では雨が小康状態となっていますが、少しの雨でも災害につながる危険性がありますので、引き続き、土砂災害などに厳重に警戒して下さい。

この期間は、前半は梅雨空が続きますが、後半は太平洋高気圧に覆われて晴れる日もあるでしょう。

東海地方 寝苦しい夜が続く 後半は厳しい暑さ

この期間、名古屋の予想最低気温は25度以上の熱帯夜となる日が多く、寝苦しい夜が続くでしょう。夜間もエアコンをこまめに使い、熱中症対策を万全にして下さい。予想最高気温は30度以上の真夏日となる日が多く、特に後半は名古屋で33度が連日予想され、厳しい暑さとなりそうです。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい