関東 午後は再び雨や雷雨に 通勤・通学の帰宅時間帯は急な強い雨や落雷に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

関東 午後は再び雨や雷雨に 通勤・通学の帰宅時間帯は急な強い雨や落雷に注意

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


きょう29日の関東は、午後は所々で雨や雷雨に。通勤・通学の帰宅時間帯に、雷を伴って激しく降る所がありそう。いったん雨がやんでも、油断しないで、急な強い雨や落雷に注意を。

午後は再び雨や雷雨に

きょう29日は、梅雨前線が日本の南にのびており、前線上の低気圧が伊豆諸島付近を東北東へ進んでいます。

けさの関東は、各地で雨が降り、所々で降り方が強まりました。正午現在、まとまった雨雲は関東の東海上へと遠ざかり、雨のやんでいる所が多くなっています。

ただ、午後は上空に冷たい空気が流れ込んで大気の状態が不安定となるため、あちらこちらで雨が降るでしょう。夕方以降は、内陸部などで雷を伴った激しい雨が降り、通勤・通学の帰宅時間帯に雨の降り方の強まる所がありそうです。急な強い雨や落雷に注意してください。

雷が近づいたら 家の中でやるべきこと

雷雲が近づいた場合、身を守るために、家の中でやっていただきたいことがあります。

1つめは、窓から離れて、家の中央に避難することです。雷が鳴る時には、突風が吹くこともあり、突風によって窓ガラスが割れる恐れがあります。窓やカーテンはしっかり閉めて、窓から離れましょう。特に、大きなガラス窓の下や周囲は、大変危険です。

2つめは、雷が近づいたら、家電製品のコンセントを抜くことです。雷が落ちると、パソコンなどが故障する場合がありますが、コンセントを抜くだけで、雷から家電製品を防護できます。

雷の音が聞こえたら、まもなく激しい雨が降ったり、竜巻などの激しい突風が発生する可能性があります。十分に注意してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい