中国地方 きょう(2日)は天気の変わり目 木曜と金曜日は荒れた天気になるおそれ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中国地方 きょう(2日)は天気の変わり目 木曜と金曜日は荒れた天気になるおそれ

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


きょうの中国地方は薄い雲に覆われ、きのうに比べると日差しが弱まっています。

週末から続いていた梅雨の晴れ間も、どうやら変わり目になってきたようです。

あすの木曜日からあさっての金曜日にかけては、活発な梅雨前線が西日本付近へと北上するため、雨が降りやすくなるでしょう。雨と風が強まるところもある見込みです。

週末から来週の月曜日にかけて、天気はいったん回復するでしょう。

3日(木)から4日(金) 雨と風の強まるところも 山陰を中心に蒸し暑く

3日から4日にかけては、梅雨前線上に発生した低気圧が発達しながら東シナ海から日本海へと進み、低気圧や前線に向かって暖かく非常に湿った空気が流れ込む見込みです。

3日の夜から4日の朝にかけては、湿った空気の流れ込みが強まるため、山口県と広島県の西部、島根県などを中心に、雷を伴って短時間に激しく降るところがあるでしょう。

また、沿岸部を中心に南寄りの風が強まり、蒸し暑くなりそうです。からだに熱がこもりやすくなるため、熱中症にも注意が必要です。

週末には青空と暑さが戻る 梅雨らしくなるのは?

3日(木)から4日(金)にかけて降る雨も、長続きはしない見込みです。

5日(土)から6日(日)にかけては梅雨前線が本州の南岸沿いまで下がり、山陰から次第に晴れ間が戻るでしょう。週末は蒸し暑さが残りますが、7日(月)には乾いた空気が流れ込み、からっとした暑さに変わる見込みです。

しかし、8日(火)ごろからは夏の太平洋高気圧が梅雨前線を徐々に押し上げ、再び雲が広がりやすくなるでしょう。来週の中ごろからは、梅雨らしい天気になる日が多くなる可能性があります。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい