九州 27日昼前にかけて大雨 短時間で土砂災害などの危険高まるおそれ 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 27日昼前にかけて大雨 短時間で土砂災害などの危険高まるおそれ

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


九州は、今夜からあす27日(木)昼前にかけて雨が降り、大雨となるおそれがあります。あす27日(木)の未明から朝が雨のピークで、1時間50ミリ以上の滝のような雨が降り、土砂災害などの危険が急速に高まるおそれがあります。

梅雨前線 東シナ海を北上中

26日(水)16時現在、梅雨前線は東シナ海を徐々に北上中で、九州の西の海上には大きく雨雲が広がってきています。今夜は、長崎県や鹿児島県から次第に雨の範囲が広がり、夜遅くには長崎県五島地方など、東シナ海側から激しい雨が降りだすでしょう。

雨のピークは27日(木)の未明から朝

きょう26日(水)の夜には、東シナ海の梅雨前線上に低気圧が発生して九州へ近づき、あす27日(木)の朝にかけて発達しながら九州北部付近を通過する見込みです。この低気圧の通過に伴い、あす27日(木)の未明から朝にかけて、九州では1時間50ミリ以上の滝のような雨が降る所があり、短時間に多い所で200ミリの大雨が降るおそれがあります。

200ミリの雨というと、5月ひと月分を上回るほどの雨量です。土砂災害や河川の増水、氾濫などの危険が急に高まるおそれがあるため、厳重な警戒が必要です。特に、がけや川のそばなど災害の危険がある地域では、今夜はできるだけ安全な場所でお過ごしください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい