週間天気 水曜日は皆既月食 木曜日は広い範囲で雨 今後の梅雨前線の動きは? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間天気 水曜日は皆既月食 木曜日は広い範囲で雨 今後の梅雨前線の動きは?

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像D

画像D


この先、一週間は、梅雨前線が南西諸島付近をウロウロしながら、北上をする日も。月曜日から火曜日は九州から近畿を中心に雨。水曜日は南西諸島と九州は梅雨空だが、中国、四国から北海道は大体晴れて、「皆既月食」の観測できる所が多くなりそう。木曜日は広く雨が降る。

24日(月) 南西諸島や九州から近畿で雨

24日(月)は、梅雨前線は九州の南まで北上しますが、次第に南西諸島付近に南下する見込みです。

南西諸島は雲が多く、夜遅くになると雨が降るでしょう。

きょう23日(日)に梅雨の晴れ間となった九州から近畿は、梅雨空が戻りそうです。朝から次第に雨で、奄美を中心にカミナリを伴って激しく降るでしょう。

東海は、日差しの届く所がありますが、次第に雲が多くなり、夜は所々で雨となりそうです。

関東甲信と北陸は、晴れ間があって、天気の崩れはなさそうです。タオルなどの厚手の洗濯物もシッカリと乾くでしょう。なお、日中は気温がグッと上がって、夏日になる所もありますので、こまめに水分をとるなど、熱中症対策が必要です。

東北と北海道は、低気圧の影響で朝まで雨の降る所がありますが、次第に日差しが出てくるでしょう。

25日(火) 南西諸島は梅雨空 九州から近畿は再び梅雨の晴れ間

25日(火)は、梅雨前線は再び南西諸島付近に停滞し、西からは高気圧に覆われてくる見込みです。ただ、北海道付近を気圧の谷が通過するでしょう。

南西諸島は雨が降ったりやんだりで、活発な雨雲のかかる所もあるでしょう。

九州から近畿は日差しが届き、梅雨の中休みとなりそうです。部屋の換気をしたり、布団を干すなど、日差しを有効にお使いください。

東海や関東甲信、北陸、東北、北海道は気圧の谷の影響で、雲の多い天気でしょう。東北から北海道の日本海側を中心に雨が降りそうです。

26日(水) 夜は「皆既月食」の見られる所が多い

26日(水)は、梅雨前線はゆっくりと九州南部まで北上する見込みです。一方、本州付近は移動性の高気圧に覆われるでしょう。

南西諸島は梅雨空が続きますが、雨の降る時間は一時的となりそうです。

日中は晴れる所が多いでしょう。ただ、九州は雲が多く、天気はゆっくりと下り坂に向かいそうです。

26日(水)の夜は、満月が地球の影にスッポリと隠れる「皆既月食」です。また、この日は1年で1番大きな月「スーパームーン」です。日本で「皆既月食」が見られるのは2018年7月以来、3年ぶり。「スーパームーン」で「皆既月食」になるのは、2015年9月以来、6年ぶりです。

広い範囲で観測のチャンスがあるでしょう。九州から近畿は雲が多くなりますが、雲の隙間から見ることができる所もありそうです。東海や関東、北陸、東北、北海道は、「皆既月食」を楽しめる所が多いでしょう。

一方、沖縄は梅雨前線の影響で観測は難しそうです。

27日(木)以降の天気

27日(木)は、梅雨前線が関東の南まで北上する見込みです。

九州から関東甲信や北陸にかけては、断続的に雨が降るでしょう。前線に近い太平洋側ほど、雨の降る時間が長くなりそうです。

東北と北海道は日差しのでる所もありますが、気圧の谷が近づいてくるため、次第に雨となる所もあるでしょう。

28日(金)になると、梅雨前線が少し南下して、30日(日)にかけて南西諸島から九州の南付近をウロウロする見込みです。

28日(金)と29日(土)は雲が広がりやすく、南西諸島から東海は雨が降りやすいでしょう。東北と北海道は、気圧の谷の影響で、29日(土)は雨の降る所があそうです。

30日(日)は、南西諸島は梅雨空が続きますが、そのほかは日差しの届く所が多いでしょう。部屋の湿気をとったり、シーツなどの大きな物を洗濯するなど、日差しの有効活用をなさってください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい