沖縄では先週末から寝苦しい夜が続く 所々で最低気温25℃以上 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

沖縄では先週末から寝苦しい夜が続く 所々で最低気温25℃以上

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


沖縄では先週末から所々で最低気温が25℃以上となり、寝苦しい夜が続いています。

寝苦しい夜

沖縄では先週末から所々で最低気温が25℃以上となり、先島諸島を中心に寝苦しい夜が続いています。7日(金)は石垣島で最低気温が25.3℃までしか下がらず、全国で今年初めて最低気温が25℃を下回りませんでした。

石垣島ではきょう10日(月)午前9時までの最低気温も26.4℃までしか下がらず、4日連続で25℃以上となっています。そのほか、10日(月)の最低気温は与那国空港や与那国島、西表島で26.5℃、西表島の大原で26.3℃、波照間島で26.1℃と25℃を下回らず、寝苦しい夜となりました。

夜間の熱中症にもご注意

この先も沖縄では先島諸島を中心に夜間も気温の下がり方が鈍いでしょう。所々で最低気温が25℃以上となり、寝苦しい夜が続きそうです。寝る前にコップ一杯の水を飲むなど、夜間の熱中症にもご注意ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい