通勤・通学の帰宅時間 近畿から東海で横殴りの雨に 落雷にも注意を 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

通勤・通学の帰宅時間 近畿から東海で横殴りの雨に 落雷にも注意を

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


きょう(13日)このあと、近畿から東海では、局地的な激しい雨に注意が必要。通勤・通学の帰宅時間に、雷や竜巻などの激しい突風を伴って、傘が役に立たないほど激しい雨の降る所も。

関東から北海道でもあす(14日)にかけて、落雷や突風、急な強い雨に注意を。

こんや遅くにかけて雨・風ともに強まる

きょう13日、日本海には前線を伴った低気圧があって、発達しながら北東に進んでいます。また、日本の南には前線がのびています。低気圧や前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込み、広い範囲で雨が降っていて、四国など所々で降り方が強くなっています。

このあと、近畿から東海にかけて、雷雲が発達して、局地的に激しい雨が降るでしょう。ちょうど、通勤・通学のお帰りの時間帯に、雨や風の強まる所がありそうです。お帰りの際は、足元に気をつけてください。

強い雨や風のピークは

低気圧や前線の影響で、近畿から北海道にかけては、これから落雷や突風、急な強い雨に注意が必要です。

各地の強い雨や風のピークは、

【近畿】 13日夜遅くにかけて

【東海】 13日夜のはじめ頃~14日未明にかけて

【関東】 14日未明~明け方にかけて

【東北】 13日夜のはじめ頃にかけて

【北海道】14日明け方にかけて

と予想されています。

今後の最新の情報に注意してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい