週間天気 日曜は「激しい雨」や「雷雨」の所も 来週は季節が逆戻り 服装選びに注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間天気 日曜は「激しい雨」や「雷雨」の所も 来週は季節が逆戻り 服装選びに注意

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


4日日曜は全国的に雨で、九州から東海は、バケツをひっくり返したような雨が降ったり、雷が鳴ったりする所もあるでしょう。5日月曜は、広い範囲で天気が回復へ向かいますが、来週は、気温の変化に注意が必要です。

4日日曜 ポイントは?

4日日曜は、低気圧や前線が本州付近を通過するため、全国的に傘が必要でしょう。天気のポイントは「太平洋側で、局地的に雨が強まること」です。

九州は、昼頃まで雨が降り、雷を伴う所もあるでしょう。中国、四国や近畿は、断続的に雨や雷雨で、特に、四国では大気の状態が不安定になるため、局地的に「激しい雨」が降りそうです。東海は昼頃から雨で、夜は所々で雷が鳴るでしょう。落雷や突風、急な強い雨に、注意が必要です。

北陸は、朝から広い範囲で雨が降るでしょう。関東甲信も雲が多く、午後は次第に雨雲に変わりそうです。東北は、北部から雨のエリアが広がるでしょう。北海道は、北部では晴れ間も出ますが、東部を中心に、朝晩は雨が降り、雪の降る所もありそうです。

沖縄は雲が多いですが、天気の崩れはないでしょう。こちらは、雨具は必要なさそうです。

5日月曜は天気回復 6日火曜から全国的に晴れる日が多くなりますが

5日月曜は、近畿から東北を中心に雨が残りますが、天気は、日本海側から回復へ向かうでしょう。

6日火曜からは、広い範囲で晴れる日が続きそうです。九州では花粉のピークは過ぎましたが、中国、四国から東北では、6日火曜以降、花粉が大量飛散する所もありますので、注意が必要です。

一方、晴天が続くことで、北陸や東北南部など、桜が見頃の所では、桜と青空とのコントラストを楽しめるでしょう。今年も大勢で桜を見たり、お花見の宴会をしたりすることはできませんが、少ない人数で距離を取って見ているだけでも、桜の花と過ごした一瞬はきっと心に残るはずです。春を楽しむ際は、新型コロナウイルス感染防止対策を心がけてください。

そして、週の中頃は、北海道や東北では、雨や雪の降る日がありそうです。今のところ、雨や雪の降る時間は、長くはありませんが、雨や雪の降るタイミングは、まだ変わる可能性があります。2週間天気で、最新の予報をチェックしてください。

来週 ポイントは?

そして、この先1週間は、気温の変化に注意が必要です。

このところ、全国的に、この時期にしては気温の高い状態が続いていましたが、来週のポイントは「一時的に寒気が入る」ということです。

そのため、週の前半は、まだ平年を上回る気温の日があるものの、後半にかけて、季節が逆戻りしそうです。

最高気温は、週の後半になると、札幌では5℃前後の日が続き、仙台でも10℃に届かない日があるでしょう。東京や名古屋、大阪、福岡では、8日木曜までは、気温が20℃くらいまで上がる日もありますが、9日金曜は15℃前後の予想です。

一度、暖かさを体感した後だけに、季節が逆戻りすると、気温差が、一段と体にこたえそうです。毎日の天気予報で、天気だけでなく、予想気温もこまめに確認して、服装を上手に選んでください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい