九州 30日にかけて濃い黄砂の飛来に注意 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 30日にかけて濃い黄砂の飛来に注意

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


きょう29日(月)昼前、福岡市で黄砂が観測されました。九州はあす30日(火)にかけて、大陸から濃い黄砂が飛来する可能性があります。洗濯物や車などが汚れたり、交通機関の視程障害などのおそれもあります。また、呼吸器疾患のある人はマスクを着用するなどして十分にご注意下さい。

九州 30日かけて黄砂飛来

週末に低気圧が発達しながらモンゴル付近を通過し、大きな砂嵐が起こりました。これが西風に流されて、きょう29日(月)は朝鮮半島から西日本へ黄砂が飛来しています。きょう午前に、福岡市(視程10キロ以上)や広島市(視程8キロ)など西日本で黄砂が観測されました。また、韓国では視程(水平方向の見通し)が2キロ未満になっている所もあります。

このあと、九州では急激に見通しが悪くなり、濃い黄砂が飛来する可能性もあります。

九州はあす30日(火)にかけて黄砂の飛来が続きますのでご注意下さい。

黄砂の影響

今回、黄砂の飛来によって洗濯物や車などが汚れたりするおそれがあります。また、濃い黄砂が飛来すると交通機関は視程障害に注意が必要です。呼吸器疾患のある方は外出時はマスクを着用するなどして十分にお気をつけ下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい