今夜 3月の満月「ワームムーン」 見られる所はどこ? 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今夜 3月の満月「ワームムーン」 見られる所はどこ?

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


今夜は満月です。3月の満月は「ワームムーン」とも呼ばれます。今夜は天気が回復する九州や中国、四国では見られそう。一方、関東から北海道は荒れた天気で、局地的に激しい雨が降る。

3月の満月「ワームムーン」

きょう28日(日)の夜に出る月は、あす29日(月)の明け方3時48分に満月を迎えます。

月の出は、福岡で夕方6時3分、大阪で夕方5時41分です。東京では夕方5時23分ですが、雨雲の中です。

きょう28日(日)は、前線を伴った低気圧が本州付近を通過しているため、雨の降っている所が多くなっています。

九州から四国、紀伊半島を中心に活発な雨雲がかかり、鹿児島県では、昼前後は局地的に1時間に50ミリを超える非常に激しい雨が降りました。

雨雲は東へ移動していて、今夜は関東から北海道を中心に雨が降るでしょう。

では、どこで満月が見られるのでしょうか?

沖縄や九州、中国、四国では、天気が回復して、今夜は晴れてくるでしょう。

荒れた天気の後ですが、満月を見ることができそうです。

また、近畿や東海も雲の切れ間から、見られるチャンスがあります。

桜が満開を迎えた所では、夜桜とともに満月が眺めることができそうです。

一方、関東から北海道は、あす29日(月)の明け方にかけては曇りや雨で、雷雨になる所もあるでしょう。

風も強く、荒れた天気となる所もありそうです。

大雨や強風に対する注意が必要です。

各月ごとの満月の名称

満月には英語圏で様々な呼び名があります。

2月は「スノームーン」、4月は「ピンクムーン」、6月は「ストロベリームーン」などと、月ごとに呼び方が変わります。

3月の満月は「ワームムーン(芋虫月)」と呼ばれます。

このような呼び名を思い出しながら、満月を眺めてみるのも楽しいですよね。

なお、今年は見た目の大きさが最大となる満月「スーパームーン」は5月26日で、この日の夜は皆既月食が起こります。

ちなみに、日本でその次に見られる皆既月食は、2022年11月8日になります。

また、最小となる満月は12月19日です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい