15日 春風に舞う花粉 広範囲で注意を 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

15日 春風に舞う花粉 広範囲で注意を

tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


きょうは、朝から晴れる所が多い見込み。風がやや強まる所があり、広範囲で花粉の飛散が続く。午前中北海道や東北、北陸で雲が多く雨や雪に降る所があるが、次第に晴れる。最高気温は、4月並みの所が多い予想。

きょうの天気 多くの所で晴天

【気圧配置】きょう15日(月曜日)は、低気圧と前線が、日本の東を、さらに東よりに進み、九州の西からは高気圧が日本列島を広く覆ってくる見込みです。

【各地の天気】北海道東部と東北の日本海側や新潟県では、午前中を中心に雲が多く、雨や雪の降る所がありますが、日中は次第に晴れるでしょう。ただ、北風や西風が強めに吹く所がある見込みです。

東北の太平洋側と北陸3県や関東から九州、沖縄にかけては、日中は晴れる所が多いでしょう。午前中は、近畿や中国地方と九州で濃い霧の発生する所がある見込みです。

きょうの気温 春の足どりかろやかに

きょう15日(月曜日)の予想最高気温は、きのう14日(日)と同じか高い所が多い見込みです。多くの所で4月並みになるでしょう。

北海道は東部では5℃くらいの所もありますが、10℃を超える所が多く、道南では15℃前後まで上がる所がある見込みです。

東北と北陸は15℃くらいの所が多いでしょう。

関東や東海、近畿、四国、中国、九州では、15℃から20℃くらいで、桜の開花が進みそうです。

沖縄では、25℃前後でしょう。そろそろ彼岸の入り、一年で最も快適な季節といわれる「うりずん」が間近です。

気温上昇は花粉と雪どけに要注意

気温の上昇で、注意点が2つあります。

ひとつめは花粉の飛散が多いことです。

九州から関東を中心にスギに加えてヒノキの花粉が多く飛びそうです。北陸や東北でも、スギを中心に花粉の飛散数が多くなる所が多いでしょう。

花粉症の方は、花粉症マスクやメガネ、帽子の着用など、対策をなさってください。

気温上昇の注意点、2つめは雪どけです。

積雪が多く残っている所では、雪どけが進み、なだれの発生しやすい気象状態になります。山へ入る方やスキー、スノーボードをされる方は、念には念を入れる必要があります。

雪どけ水が流れ込む小河川では増水にも、ご注意ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい