太平洋側の地域で積雪 大阪でも今季初めてうっすら積もる 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

太平洋側の地域で積雪 大阪でも今季初めてうっすら積もる

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


12日、日本海と本州の南をそれぞれ低気圧が東へ進んでいます。低気圧や寒気の影響で、太平洋側の地域でも積雪となりました。

太平洋側の地域で積雪

12日、日本付近には、寒気の影響が残り、日本海と本州の南をそれぞれ低気圧が東へ進んでいます。

近畿付近の山沿いを中心に雪が降り、平地でも積もっている所があります。大阪管区気象台は、大阪市で、けさ、今シーズン初めてうっすら積もったことを観測しました。奈良市の積雪は、7時で0センチだったのが、9時で4センチになりました。奈良市も今シーズン初めての積雪です。

また、東北の太平洋側でも雪が降り、仙台市の積雪は、5時で0センチだったのが、11時で8センチになりました。

大雪による交通への影響などに注意

近畿中部や近畿南部では、12日昼頃まで、積雪や路面の凍結による交通への影響に十分注意してください。

東海や関東では、12日夕方にかけて広い範囲で雪や雨が降り、三重県では大雪となる所がある見込みです。大雪による交通への影響に注意してください。関東の山沿いや北部など、積雪している地域では、路面の凍結、電線や樹木への着雪、なだれに注意してください。

東北の太平洋側も、昼過ぎにかけて雪が降る所が多く、電線への着雪などによる停電などに注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい