九州 あす31日にかけて大雪や暴風などに警戒を 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州 あす31日にかけて大雪や暴風などに警戒を

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


日本付近は急速に冬型気圧配置が強まっており、今夜(30日夜)にかけて、九州の上空1500メートル付近にはマイナス10度以下という、この冬一番の寒気が流れ込む見込みです。九州には、すでに沿岸海上から寒気に伴う雲が流れ込み、阿蘇山の山頂付近など標高の高い山はうっすら雪が積もり始めています。九州は、これからあす31日にかけて、山地を中心に平地でも積雪し、大雪となる恐れがあります。また、沿岸海上を中心に暴風が吹き、大しけとなる所もある見込みです。大雪や暴風、高波に警戒が必要です。

九州 気温がぐんぐん低下 非常に強い風も

九州では気温がぐんぐん低下しており、午前11時30分には5度以下の所がほとんど、場所によっては0度を下回っています。また、時間を追うごとに北西の季節風が強まり、体が感じる温度、体感温度は広く氷点下となっています。午前11時30分現在、九州では平均風速が10メートルを超えている所も多く、瞬間的には20メートルを超える突風が吹いています。瞬間風速20メートル以上というと、風に向かって歩きにくく、転倒の恐れもあります。外を歩く際は十分にお気をつけ下さい。

九州 30日の風と雪の予想 31日にかけての注意点

九州の上空1500メートル付近には、今夜(30日夜)にかけてマイナス10度以下という、非常に強い寒気が流れ込んできます。このため、きょう(30日)午後は雪の範囲が次第に広がり、特に、寒気の流れ込みが強まる今夜(30日夜)からあす31日の朝にかけては、雷を伴って雪の降り方が強まる所もあるでしょう。あす31日にかけて、九州は山地を中心に平地でも積雪し、大雪となる恐れがあります。強い風と雪とで見通しが悪くなる恐れもありますから、特に今夜は、不要不急の外出は控えるようにして下さい。

車での移動 無理は禁物

普段、雪が降ることが少ない九州では、少しの雪でも交通機関などへの影響が大きくなります。また、雪に慣れていないため、少しの油断が大きな事故につながることもあります。車での移動を予定されている方は、滑り止めなど事前の準備をしっかりと行い、時間に余裕をもって行動するようにして下さい。天気予報や道路情報をこまめに確認し、時間がかかってもより安全な経路を通るなど、十分にお気をつけください。

高波へも警戒を

これからあす31日にかけては北西の季節風が強まり、沿岸海上を中心に大荒れとなる見込みです。九州の沿岸海上はあす31日にかけてしける所が多く、波の高さが6メートルと大しけになる所もあるでしょう。沿岸海上は暴風と高波に警戒してください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい