強い寒気と冷たい季節風 沿岸ほど強風に 太平洋側にも雪雲 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

強い寒気と冷たい季節風 沿岸ほど強風に 太平洋側にも雪雲

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


あす(16日)も寒気が居座り、冷たい季節風が吹きそう。沿岸ほど強い風に。この風が太平洋側にも雪雲を運んできて、積雪となる所も。

あすも寒気居座り 風が強い一日

あす(16日)も日本付近は冬型の気圧配置で、上空には真冬並みの寒気の流れ込みが続きます。また全国的に北または西よりの「季節風」が吹いて、沿岸の地域ほど強く吹きそうです。きょう(15日17時まで)は、山形県酒田市の飛島では最大瞬間風速35.0メートル、酒田市では26.6メートルと、何かにつかまらないと立っていられないほどの非常に強い風が吹いた所がありました。あすも同じような気圧配置が続くため、沿岸ほど風が強く吹きそうです。

また日本海西部では風がぶつかって、雪雲が発達しやすくなります。その雪雲が季節風に乗って、太平洋側にも流れ込みそうです。あすは東海では平野部でも雪が降りやすく、大雪になる所もあるでしょう。

予想される雪の降る量

あす(16日)は一日を通して、山陰から北海道の日本海側は雪が降り、山沿いを中心に積雪が増えるでしょう。雷を伴って雪の降り方が強まり、東北や北海道はふぶく所もありそうです。

【予想降雪量(24時間・多い所)】

きょう15日(火)午後6時~あす16日(水)午後6時まで

北陸 100センチ

近畿、関東甲信、東北 70センチ

東海 60センチ

北海道 50センチ

中国 40センチ

その後、あさって17日(木)午後6時まで

北陸 70から100センチ

関東甲信 60から80センチ

近畿、東北 50から70センチ

中国、東海 40から60センチ

北海道 30から50センチ

積雪や路面の凍結による路面状況の変化に注意して下さい。

路面の凍結 特に注意すべき所は

雪や雨が降って濡れた路面は、気温が下がると凍結してしまいます。中でも、路面の凍結に注意が必要なのは、次の4か所です。

① 橋や歩道橋の上は地面の熱が伝わりにくく、風通しが良いので、凍結しやすくなります。特に、ふぶいている時は他の所よりも風が強く、視界が悪いうえに凍結しやすいので、かなり危険です。

② トンネルの中と外では、路面状態が大きく違うことがあります。トンネルの出入り口では路面の凍結により、急にハンドルを取られないよう、十分、スピードを落として運転しましょう。

③ 交差点やカーブも、近づく前に、十分にスピードを落とすことが大切です。ハンドルを切ったままブレーキを踏むと、とても滑りやすくなります。また加速する時も、交差点やカーブを曲がり切ってから、アクセルを踏みましょう。

④ 日陰は、いったん路面が凍結すると、完全にとけるまでに時間がかかります。建物の北側など、日陰になりやすい道を通る際は、十分にお気をつけください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい