週間天気 ポイントは「寒気が長引く」 初雪や初積雪 晴れる所も冬コート 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

週間天気 ポイントは「寒気が長引く」 初雪や初積雪 晴れる所も冬コート

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A


この週末は、日本付近に、一段と強い寒気が到来。これまでと違う特徴は、来週にかけて、影響が長引くことです。東北北部は今シーズン初めて雪の積もる所もあり、東北南部で初雪の所もあるでしょう。晴れる関東から西の太平洋側でも、この時期らしい寒さとなりますので、防寒対策を心がけてください。

28日土曜 平地でも雪を降らせる寒気が 東北まで

28日土曜は、この時期にしては強い寒気が、徐々に南下するでしょう。

このため、北海道は日本海側を中心に、雪が降りやすくなりそうです。東北は雪や雨で、東北北部では、盛岡や秋田など、平地でも今シーズン初めて、雪の積もる所もあるでしょう。山形など、東北南部でも初雪になる可能性があります。普段、雪に慣れている所とはいえ、シーズン最初の雪は、特に、路面の凍結に注意が必要です。北陸から山陰も断続的に雨や雷雨となるでしょう。

一方、関東から西の太平洋側は、雲が広がりやすく、未明まで所々で雨が降りますが、日中は日の差す時間もありそうです。

最高気温は、北海道や東北は、平年並みか低いでしょう。関東から九州は、15℃前後の所が多いですが、こちらも次第に北風が吹くので、気温の数字よりも寒く感じられそうです。風を通しにくい上着で、お出かけください。

29日日曜以降 北海道は雪 晴れる所もこの時期らしい寒さ

そして、今回の強い寒気は「長く居座る」のがポイントです。北日本を中心に、来週にかけて寒気の影響が長く続きそうです。

そのため、日本海側は、29日日曜以降も、ぐずついた天気で、北海道は雪の降る日が続くでしょう。北海道の日本海側北部を中心に、雪の降り方が強まり、積雪の増える所もありますので、車の運転など、注意が必要です。

太平洋側は、29日日曜以降、広い範囲で晴天が続いて、12月のスタートも青空の所が多くなりそうです。ただ、2日水曜から3日木曜は、東海や関東、東北の太平洋側で、傘の出番でしょう。

最高気温は、札幌は1日火曜は0℃と、12月のスタートは、真冬日になる可能性があります。仙台も、12月に入ると、10℃に届かない日が増えるでしょう。関東から九州は、15℃近くまで上がる日が多いですが、最低気温は8℃前後と、冬コートの出番が増えそうです。2日水曜から3日木曜は、東京では昼間も気温がほとんど上がらず、冷たい雨になるでしょう。

今年は師走に向けて、新型コロナウイルスの感染拡大も心配されますが、寒さで体調を崩さないよう、十分お気を付けください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい