来週前半「寒気」南下 北日本は雪 東・西日本も一気に空気冷たく 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

来週前半「寒気」南下 北日本は雪 東・西日本も一気に空気冷たく

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像


来週前半は寒気が南下するでしょう。北海道は平地で積雪も。東北の日本海側は初雪の可能性があります。関東以西も空気が冷たくなるでしょう。

来週前半 寒気南下

8日(日)は北からじわじわと寒気が流れ込んでくるでしょう。9日(月)から10日(火)が今回の寒気の底で北海道や東北の上空1500メートル付近に平地でも雪を降らせる目安のマイナス6度以下の寒気が流れ込んできそうです。山に雪を降らせる目安である0度以下の寒気は瀬戸内海付近まで南下するでしょう。

北海道は日本海側を中心に平地でも断続的に雪が降り、市街地などでも積雪となる所があるでしょう。車の運転は冬の装備で、路面の凍結や積雪にご注意下さい。東北の日本海側でも初雪となる可能性があります。北陸はしぐれるでしょう。

北海道や東北の太平洋側、関東から九州は大体晴れて、空気が乾燥しそうです。ノドを痛めないようお気をつけ下さい。

初冬の寒さも

来週前半は北海道や東北は日中も空気が冷たくなりそうです。特に、10日(火)頃は札幌市で最高気温が5度に届かず、日中も初冬の寒さになるでしょう。東北や北陸も9日(月)から最高気温は15度に届かない日が増えて、空気が冷たいでしょう。朝は冷え込みが強まり、北海道を中心に所々で氷点下の気温になりそうです。

関東から九州は8日(日)の最高気温は高めですが、9日(月)から20度に届かず、日中も上着が必要な日が増えてくるでしょう。最低気温は東京都心や名古屋市など都市部でも10度を下回る日があり、冷えそうです。内陸部では霜がおりるくらい冷え込む所もあり、暖房が必要になるでしょう。

来週前半は寒気が流れ込み、また季節がグッと進みます。冬支度を進めておくと良いでしょう。気温の変化で体調を崩さないようお気をつけ下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい