九州で37℃台の厳しい残暑 今後2週間程度も気温の高い状態が続く予想 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

九州で37℃台の厳しい残暑 今後2週間程度も気温の高い状態が続く予想

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像B

画像B


きょう24日は、広く厳しい残暑となっています。午後3時までの最高気温は大分県日田市で37.7℃などと、九州では37℃台まで気温が上がっている所があります。

厳しい残暑

きょう24日は、九州から北海道は強い日差しが照りつけて、広く厳しい残暑となっています。午後3時までの最高気温の全国トップは大分県日田市で37.7℃とうだるような暑さとなっています。福岡県太宰府市で37.3℃、大分県豊後大野市の犬飼で37.0℃と九州では37℃台まで気温の上がった所がありました。また、名古屋市で36.9℃、京都市で36.4℃まで気温が上がるなど体にこたえる暑さとなっています。

きのう23日は真夏日から解放された東京都心もきょう24日は32.3℃まで気温が上がって、暑さがぶり返しています。

所々で猛暑日

あす25日も九州から東海は所々で最高気温が35℃以上となり、猛暑日となるでしょう。関東は33℃くらい、東北や北海道でも30℃くらいまで上がる所がありそうです。厳しい残暑が続きます。引き続き熱中症対策をしっかりとなさって下さい。こまめに水分をとり、室内では適切にエアコンを使うようにしましょう。

長期間の高温に関する気象情報も

きょう24日、気象台は九州北部地方に「長期間の高温に関する気象情報」を発表しました。九州北部地方(山口県を含む)では、8月4日頃から気温の高い状態が続いています。この状態は、今後2週間程度は続く予想です。9月に入っても、しばらくは熱中症に注意が必要です。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい