都心からきょうも富士 暑くなります関東平野 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

都心からきょうも富士 暑くなります関東平野

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


けさの東京は、午前6時現在、天気は快晴に近い晴れ。気温27.5℃で、地上付近から水平方向の見通しは30キロでした。都心から富士山の姿を見ることができました。でも、きょうも残暑厳しく天気は不安定。

きょうも暑くなります 関東平野 急な雨や雷雨も

けさ(13日:木曜)の東京都心は、朝の最低気温が26.7℃(きのうより1度ほど低め)で、午前6時の湿度90パーセント。北風2メートルと、比較的穏やかな朝になりました。

早朝の都心からは、頂上付近に雪がない富士山が、ぼんやりとですが眺望できました。

おととい(11日)も、都内や神奈川県内で夕暮れの富士山が眺望できましたが、盛夏期に関東平野から富士山が眺望できるのは、冬季に比べて大幅に減少するので、数少ない光景といえます。

きょうも関東各地は、暑くなりそうです。

日中の予想最高気温は、都心で35℃前後のほか、横浜市と千葉市で34℃くらい、さいたま市と熊谷市は36℃くらい、前橋市37℃くらい、宇都宮市35℃くらい、水戸市34℃くらいで、各地厳しい残暑が続く見込みです。

穏やかな天気から考え難いかもしれませんが、きょうも関東平野のあちらこちらで、急な雨や雷雨になることが予想されています。お出かけには折り畳み傘など雨具の携行が欠かせません。

洗濯をされる方は、強い日差しが照りつけるので、厚手のものでもすっきり乾きます。が、午後を中心に雨が降りやすくなりますので、早めに干して早めに取り込むのがポイントです。

関東平野に熱中症警戒アラート

都内をはじめ関東の1都6県には、今年からスタートした、熱中症警戒アラートが発表されています。

熱中症警戒アラートは、熱中症を予防することを目的に、環境省と気象庁が共同で発表して、暑さへの「気づき」を呼びかけるための情報です。(今年の夏から、全国に先駆けて、関東甲信地方を対象に実施しています。)

熱中症警戒アラートを発表する基準は「暑さ指数(WBGT)」です。暑さ指数は「気温」「湿度」「輻射熱(地面や建物・体から出る熱で、温度が高い物からはたくさん出ます)」を取り入れた、暑さの厳しさを表す指標です。

この暑さ指数が、都内や県内のどこかの地点で「33」を超えると予想された場合、都や県単位で、熱中症警戒アラートが発表されます。熱中症警戒アラートが発表された所では、日頃から実施している熱中症対策を、普段以上に徹底することを心掛けてください。「暑さ指数(WBGT)」近似値は、tenki.jp「熱中症情報」で確認できますのでご利用ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい