13日 全国的に残暑続く 雨や雷雨で大雨になるおそれも 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

13日 全国的に残暑続く 雨や雷雨で大雨になるおそれも

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B

画像C

画像C


きょうは、北陸を中心に広範囲で雨や雷雨。大雨になる可能性も。北海道と東北は大体晴れ。全国的な厳しい残暑は、きょうも。危険な暑さになる所もあり、熱中症に気をつけて。

きょうの天気 広範囲で不安定 各地で雨や雷雨 大雨にも注意

きょう(13日:木曜)は、太平洋高気圧から湿った空気が流れ込むため、北陸地方を中心に雨が降りやすいでしょう。関東から東海、近畿、中国地方、九州でも、気温が上がる午後を中心に、あちらこちらに雨雲が湧き上がって、急な雨の降る所がある見込みです。バケツをひっくり返した時のような雨が降ることもあり、道路が水浸しや川のようになる所もあるみこみです。カミナリを伴った大雨になるおそれがありますから、土砂災害や低い土地での浸水、河川での増水などに、ご注意下さい。また、落雷や突風、ひょうなどにも、お気をつけ下さい。

四国では晴れますが、こちらでもカミナリが鳴ることがありそうです。東北から北海道は、日中晴れる所が多いでしょう。朝まで雨の降る所があり、午前中を中心に霧のかかる所がありますが、急な雨やカミナリの可能性はかなり低いといえます。

沖縄は、日中晴れる所がありますが、南大東島地方では東から近づく熱帯低気圧の影響で昼頃にかけて雨が降り、雷雨になることがある見込みです。沖縄本島地方では、午後から夜にかけて雨雲やカミナリ雲が近づくでしょう。

きょうの気温 全国的な高温続く 危険な暑さも

きょう(13日:木曜)は、日本列島は南からの暖かい空気や日差しによる気温の上昇で、全国的な高温が続くと予想されます。

きのうと同じように、熱中症のリスクが高くなる所が多く、特に、東北南部から東海、近畿、中国、四国、九州、沖縄では高温注意情報が発表され、関東の1都6県には、熱中症警戒アラートが発表されています。

これらの各地では、30℃以上の真夏日になる所が多く、所によって33℃から35℃以上になる見込みですから、熱中症の予防や夏バテなどに、ご注意下さい。

東北北部から北海道でも、多くの所で25℃から30℃前後になる見込みで、所によっては30℃を超える見込みです。

昼も夜も熱中症に、お気をつけ下さい。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい