朝から暑いぞ東京 熱中症警戒 〈tenki.jp〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

朝から暑いぞ東京 熱中症警戒

このエントリーをはてなブックマークに追加
tenki.jp
メイン画像

メイン画像

画像A

画像A

画像B

画像B


けさの東京は、朝から気温が急上昇中。午前6時40分頃に30℃に達しました。きょう日中の最高気温は、3日連続の猛暑日となる35℃の予想も。危険な暑さ。都内に熱中症警戒アラート発表中。

きょうも暑くなります

けさ(12日:水曜)の東京地方は、朝の最低気温そのものが高く、都心では28.0℃だったのをはじめ、青梅で26.3 ℃、練馬で27.7 ℃、八王子で26.6 ℃、府中で27.1 ℃、江戸川臨海で27.6 ℃、羽田空港では28.5 ℃で、いずれもきのう(11日)の熱気が冷めず熱い夜をへて暑い朝になりました。日中の最高気温は、都心のほか23区内や多摩地区でも、軒並み35℃前後(日本気象協会tenki.jp独自予報)になる予想です。

都内には、今年からスタートした、熱中症警戒アラートが発表されています。

熱中症警戒アラートとは

熱中症警戒アラートは、熱中症を予防することを目的に、環境省と気象庁が共同で発表して、暑さへの「気づき」を呼びかけるための情報です。(今年の夏から、全国に先駆けて、関東甲信地方を対象に実施しています。)

熱中症警戒アラートを発表する基準は「暑さ指数(WBGT)」です。暑さ指数は「気温」「湿度」「輻射熱(地面や建物・体から出る熱で、温度が高い物からはたくさん出ます)」を取り入れた、暑さの厳しさを表す指標です。

この暑さ指数が、都内や県内のどこかの地点で「33」を超えると予想された場合、都や県単位で、熱中症警戒アラートが発表されます。熱中症警戒アラートが発表された所では、日頃から実施している熱中症対策を、普段以上に徹底することを心掛けてください。「暑さ指数(WBGT)」近似値は、tenki.jp「熱中症情報」で確認できますのでご利用ください。


トップにもどる お天気ニュース記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい